山形県山形市

*参考資料 『南出羽の城』(保角里志) 『山形県中世城館遺跡調査報告書』 『日本城郭体系』

成沢城(山形市成沢 成沢城址公園)

*鳥瞰図の作成に際しては、現地パンフレット、 『山形県中世城館遺跡調査報告書』の図を参考にした。

 成沢城は、常善寺の東側にそびえる比高60mほどの台地に築かれている。かなり広い台地であるが、この台地の上から下までの間をほとんど用いて多数の曲輪を造成している。城は現在、成沢城址公園となっており、駐車場も完備している。駐車場にはパンフレットも置いてあり、ここに掲載されている案内図がとても参考になる。

 駐車場からは本丸方向に向けて一直線の道路が付けられている。おそらく本丸を整備する際の作業道として造成されたものなのであると思われる。しかし、この道が一直線に付けられている関係で、本来あった切岸がけっこう破壊されてしまっているようである。

 普通の人は、この道の先の本丸だけが城域で、途中の道路に削られた部分は、ただの坂道でしかないと感じるに違いない。

 この道を進んでいくと、側面部には切岸がありそうである。ところが、道路以外の部分は猛烈なヤブになっており、とても人が入っていけるような状態ではない。整備された城址公園であるとはいえ、整備されていない箇所はどうにもならないようなヤブである。しかも、このヤブでは、冬場であったとしても進入は困難であろう。

 この道の途中に「土塁」という案内板が立てられている個所がある。確かにここにはちょっとした土塁があった。また、ここから二ノ丸にかけて、直線的な道が付けられていた。

 さらに道を進んでいくと、本丸下のかなり広い郭に出る。ここから左手に大手道の案内が出ていたので、進んでみた。しかし、あまり明確な虎口構造は見られず、下から登ってくる坂道が続いているだけであった。

 ちなみに現地案内板では、大手道はもう1つあり、それは西側の山麓方向から段郭の間を通ってくる成沢口からのものである。1つの城に大手口が2つあるのは不自然で、1つは搦手口と呼ぶべきものであるはずだが、実際の大手口らしいのは西側から登ってくる成沢口である。本丸下東方のものは、搦手口として方がよいのではないだろうか。

 さて、その先が本丸である。本丸の周囲は本来切岸で囲まれていたはずであるが、車道はそのままなだらかに郭内部に進入するようになっている。これは明らかに後世の改変であり、城址公園として遺跡を意識しているからには、やってはいけないことである。この道路の脇の側面部を見ると、高さ3mほどの切岸が残っている。本来はこの切岸が廻らされていたはずである。

 本丸は草刈りがされており、見通しがよくなっている。そのため眺望も聞いており、山形市内がよく見える。山形城や長谷堂城も見えるかもしれない。本丸の規模は南北に100mほどあり、本丸としては十分な広さである。

 本丸の奥の方には八幡神社の奥の宮が鎮座していた。その先にも下に降りていく道があり、この道はやはり段郭の間を通って、成沢口に接続するようになっている。

 成沢城は、本丸と二ノ丸の2つのピーク部を持ち、それらから派生する斜面に多数の段郭を構築する、といった構造のものである。そこで、今度は二ノ丸を目指していくことにする。

 先ほどの「土塁」と書かれた案内板の所から、尾根伝いに二ノ丸に行くことができるので、それを通っていく。二ノ丸までは300mほどの距離があり、城域が実に広大であることが分かる。ところで、この通路も、途中の段郭の切岸を破壊してしまっているようである。

 二ノ丸に行く途中の二カ所に「大手口」の案内があった。いずれも成沢口に接続するものである。

 さらに進んでいくと、左側に土塁が見えている。この土塁の先はすでに二ノ丸の平場である。二ノ丸も南北に長く、150mほどの規模があり、かなり大きい。二ノ丸の先端部には馬頭観音堂が置かれていた。

 本丸と二ノ丸とその周囲だけでもかなりの規模がある。さらに市街地に降りていく斜面には多数の郭が造成されている。それらは家臣団の屋敷や、村人たちのための郭であったと思われるのであるが、いずれにしても成沢城はかなり大規模な山城である。山形城の有力な支城としてふさわしいだけのものであると言ってよいだろう。

北西から遠望する成沢城。ここからの比高は60mほど。 駐車場から本丸まで一直線に続く車道。公園整備のために付けられた道のようで、各曲輪の切岸は削られてしまっている。
本丸内部。ここは広くて草刈りもされているため、見通しがよい。 本丸にある八幡神社奥の宮の脇に立てられていた古い標柱。
大手口の登城道。 二ノ丸に続く道。こちらもだいぶ改変されているようだ。
二ノ丸手前の土塁。 二ノ丸から下には何段もの平場が続いている。
二ノ丸に祭られている馬頭観音堂。
 成沢城は、室町時代の永徳3年(1383)、斯波兼頼によって築かれたのに始まる。斯波氏は最上氏の祖であり、最上氏の最初の拠点というべきものといってもいい。

 その後、最上氏が山形城を拠点として勢力を伸長させていく過程において、成沢城は、山形城の南方を守る重要な拠点として、一族の成沢氏によって守備されていたと考えられる。

 元亀天正のころ、上山城主であった上山満兼は伊達輝宗と結んで、北方の最上氏を攻めようとしていた。このことを察知した最上義光は、成沢城でこれを迎え撃つことを想定し、成沢道忠に加え、伊良子宗牛を援軍として派遣し、守りを固めさせた。

 成沢城の守りが固いと知った伊達・上山連合軍は、上山城には抑えの軍だけを派遣し、本体は山形城を攻撃するため北上していった。

 最上義光と家臣の延沢能登守・氏家尾張守らは柏木山で、連合軍を待ち構え、ここで合戦となった。最上軍が伏兵を置いて、伊達輝宗の本隊に攻めかけると、伊達・上山連合軍は混乱してしまい、結局、最上軍の勝利となった。




飯田館(山形市蔵王飯田1082-2)

*鳥瞰図の作成に際しては、『南出羽の城』 『山形県中世城館遺跡調査報告書』の図を参考にした。

 飯田館は山形大学医学部の東南800mほどのところにある比高20mほどの台地先端部に築かれていた。登り口はこの場所にあるのだが、標柱の字が完全に読めなくなっており、うっかり見過ごしてしまう。これに気付かずに南側の山稜奥に進んでしまうと六地蔵尊のところに到達してしまうので、ここまで来ると行き過ぎである。ただし、六地蔵のところから、城内を俯瞰してみることができる。

 朽ちかけた標柱の所から登っていくと、すぐに畑となっている平場がある。平場が何段か配置された単純な構造である。虎口にも特に工夫は見られない。

 1郭の尾根側が防御上重要な地点となるはずであるが、たいして明確な分断は見られない。

 この尾根続きの部分を利用して、城内まで水路が引かれていたという。この水路がどこにあるのか確認できなかったが、もし残っていたとしたら、大変珍しく、貴重な遺構であると思う。

 飯田館は、簡素な砦のような構造物であった。




 飯田城は成沢城のすぐ北方にあり、成沢城の前面を守るための出城のようなものであった。戦国期に飯田播磨守によって築かれたものだという。

 慶長5年、北の関が原で、上杉軍の直江勢が当地に攻めよせてきた際、飯田播磨守は畑谷城の援軍として派遣された。しかし畑谷城外で、合戦となり、そこで討ち死にしてしまったという。




飯田城登り口。標柱の所から左手に登っていく。まっすぐ行くと奥の山の六地蔵のところまで行ってしまう。 六地蔵の手前から城址方向を振り返ってみる。
1郭内部。 登り口にある城址標柱。しかし、すでに字は読めなくなっており、何の標柱だか分からない状態である。




中野城(山形市中野484)

*図の作成に際しては、『南出羽の城』 『山形県中世城館遺跡調査報告書』の図を参考にした。

 逆川に臨む大郷小学校の一帯が中野城の跡であったと言われる。小学校の中庭には城に関する案内板が立てられている。

 市街地化が進んでいることによって、遺構は消滅してしまったようだ・・・と思っていたのだが、後で帰宅してからgooglemapの航空写真を見てみると、北側から東側にかけての堀のラインが明確に残っている。現地を確認してはいないのだが、おそらく幅10mほどの窪んだ地形が残されているのではないかと思われる。

 上記の図面によれば、300m×200mほどの大きさがあり、かなり大規模なものであったことが分かる。この規模であれば、さらに内部が区画されていたのではないかと想像されるのであるが、それは明らかではない。

 虎口は東西南北にあったが、大手門は南側であったという。

 川を挟んで西側には「七日市場」「祇園」といった地名が残されており、城下集落が営まれていたことが分かる。



 室町中期の文中年間、最上氏3代滿直の次男滿基は、中野の地を拝領してこの地に居城を築いて移り住んだ。これが中野城で、以後彼は中野氏を名乗るようになった。

 その後も宗家との関係は深く、5代義清の子であった義守は、養子となって最上本家を相続する。この義守の子が、戦国大名として著名な義光である。

 天正2年、中野城は義光の弟義時が相続していた。この時、最上義守と義光の親子との間で抗争が起こった。いわゆる天正最上の乱である。この乱によって父の義守が敗れ、最上氏は義光によって宰領されていることとなる。この時、義守側に立った義時は、義光に対して不満を抱き、隠れて呪詛を行った。しかし、このことが露見してしまい、義光は中野城を攻撃、敗れた義時は自刃してしまう。

 最上義光は陰謀・暗殺を繰り返したことで知られているが、そのスタート地点で、父を隠居に追い込み、弟を自刃させているのであった。






































大竹屋旅館