山形県高畠町

*参考資料 『南出羽の城』(保角里志) 『山形県中世城館遺跡調査報告書』 『日本城郭体系』 

高畠城(高畠町高畠3547)

*鳥瞰図の作成に際しては、『南出羽の城』 『山形県中世城館遺跡調査報告書』の図を参考にした。

 高畠小学校のある場所が高畠城の跡であり、地図には高畠陣屋跡と掲載されている。

 実際に訪れてみると、小学校の手前には、かなり大きな水堀がある。これがわずかに残る水堀の跡であるらしい。図面と比べてみると、水堀が残っているのはほんの一部だけで、ほとんど埋め立てられてしまっているのが分かる。

 城内部分は、150m×100mほどの単郭であったようである。それを巡るようにして幅20mほどもある水堀が取り巻いていた。それにしても中世城館でこれだけ幅広の水堀を有している例はほとんど聞いたことがない。水堀は陣屋が営まれた際に構築されたものなのであろうか。

 
 高畠城の歴史は古く、平安時代末期の承安年間に藤原秀衡の従弟樋瓜季衡によって築かれたといわれているが、このことについては伝承の域を出ない。

 伊達氏が置賜侵攻を行っていた際には、高畠城は伊達氏によって前線基地として使用されていた。永禄年間から天正18年まで、伊達氏家臣である小梁川氏が城代として高畠城を預かっていた。

 その後、当地域が上杉氏家臣の直江兼続に支配されるようになると、高畠城には直江家臣の春日元忠が5000石で居城とした。関ヶ原後も、春日氏が居住を続けていたという。

 明和4年(1767)、織田兵部少輔が上野小幡から転封となってきた。この織田氏は織田信雄の子孫である。そうして営まれたのが高畠陣屋である。『城郭体系』の図面を見ると、大手は西側の先端部にあり、それ以外にも南側と北側とに虎口が設けられていた。また、枡形状の区画もあったようだが、近世の陣屋であれば当然であろう。小幡陣屋にもそのようなものがあったと思う。

 天保元年(1830)、織田氏が天童に転封となると、陣屋は廃止され御役屋のみが残されることになった。

わずかに残る水堀。かなり幅が広い。







































大竹屋旅館