山形県長井市

*参考資料 『南出羽の城』(保角里志) 『山形県中世城館遺跡調査報告書』 『日本城郭体系』 

小桜城(長井市大町5−3)

*鳥瞰図の作成に際しては、『南出羽の城』 『山形県中世城館遺跡調査報告書』の図を参考にした。

 長井市教育委員会の北側、旧置賜郡役所の一帯が小桜城の本丸であったという。郡役所の東側前の道路に城に関する案内板が設置されている。

 小桜城はかつて二重の堀を巡らせた大規模な平城であったようだが、市街地の中心にあるため、現在では遺構はほぼ失われてしまっているようである。

 手持ちの図面では、外郭北側の張り出し部分を始め、部分的に遺構の一部が残されているように描かれている。そこでgooglemapの航空写真やストリートビューを見て、現在もそうした遺構が残されているかどうか確認してみたのだが、残念なことに現在では遺構はすっかり失われてしまったようである。

 それにしてもこうしたものを使用して、現地に行かなくても、現場の様子を知ることができるのだから、ネット時代というのは非常に便利なものである。おかげで、現地で遺構を求めてさまようことをしなくても済むのである。航空写真はかなり拡大できるので、山林の少ない市街地の場合は、遺構が残っているかどうか、はっきり確認できる。

 かつての本丸は後に西置賜郡の役所として使用されたようで、この旧庁舎が現在も残されている。案内板が立てられているのはその前あたりである。


 小桜城の歴史は古く、平安時代に安倍宗任の娘・卯の花姫がここを居館としていたという。もちろん、これは伝承上のことであるにすぎない。

 戦国末期になると、伊達氏家臣の片倉氏の居城となった。この片倉氏の一族から、著名な片倉小十郎景綱が出ることになる。

遺構はなく、旧置賜郡役所の前に、案内板だけが立てられている。







































大竹屋旅館