山形県飯豊(いいで)町

*参考資料 『南出羽の城』(保角里志) 『山形県中世城館遺跡調査報告書』 『日本城郭体系』 

萩生城(飯豊町萩生1380-1)

*鳥瞰図の作成に際しては、『南出羽の城』 『山形県中世城館遺跡調査報告書』の図を参考にした。

 萩生駅の西方2.2km、恩徳寺のある場所が、萩生城の跡である。したがって、この寺院を目指していけば萩生城に到達することができる。

 堀の土塁の規模を見てみると、恩徳寺周囲の土塁と堀が一番規模が大きく、ここが主郭であるかのような印象を受けるのであるが、1の西側に土塁がありここから恩徳寺の方に堀を配置している。ということは2よりも1の方が優位な郭である。というわけで、実際の主郭は1であり、恩徳寺があるのは2郭ということになる。

 恩徳寺西側の堀は、幅10mほどもある大きなものである。現在は草が茂っているが、かつては水堀であったことは明らかである。

 恩徳寺の北側にも土塁は残されており、その北側に現在も満々と水を湛えた堀が残っている。

 恩徳寺の東側の1の周囲にも土塁と水堀跡が確認できる。

 現在残されている遺構は以上の通りであり、残存状況は部分的なものであるが、かつては2つの郭を東西に配置した構造の居館であったと思われる。



 萩生城は国分氏代々の居城であった。国分氏は伊達氏の有力家臣の一人である。

 天正19年、伊達政宗の宮城転封に伴って、国分氏は柴田郡成田に移転した。その後、萩生城は廃城となっていったものと思われる。






2郭西側の堀と土塁。 1郭西側の土塁と堀。
2郭北側の土塁。 2郭北側の水堀。







































大竹屋旅館