オーストリア王宮(オーストリア) Hofburg

 オーストリア王の宮殿としてはシェーンブルン宮殿の方が有名だが、実際の王宮はウィーン市街の中心部にある。シェーンブルンほどしゃれた感じはしないが、建物は縦横に広がっており規模はかなり大きい。現在は博物館や美術館、図書館、馬術学校などとして用いられている。

 さて、王宮を中心としてウィーンの町は広がっている。中心部をぐるりと囲んでリンクと呼ばれる環状道路が走っているが、それに従って市電の1番、2番が走っている。一番が内回り(時計回り)2番が外回り(逆時計回り)である。ウィーンに来て暇があったら、このリンクをぼーっとして乗ってみるのも良いだろう。一周30分ほどだが、古都の景色を十分に楽しめる。王宮の辺りからリンクの1番に乗れば、美術史博物館や自然史博物館、国会、市庁舎、奉納聖堂など由緒のありそうな建物を抜け、ドナウ運河へ。さらにヨハンシュトラウスの黄金像の前などを通ってオペラ座前へ。これで一周であるが、夜になるとそれぞれの建物がライトアップされて美しい。特にゴシック調の市庁舎がとてもきれいだ。
 個人的にはオペラ座の脇の歩行者天国(日本で言えば銀座通りのような所)の奥にある、聖シュテファン大聖堂がいい。とても荘厳な感じだ。中も・・・・・。
 ウィーンでは市内の市電・地下鉄が24時間乗り放題のチケットが4.3ユーロ(02.4現在、500円程度)で買える。乗車の際の検札もなく乗りやすい。
 






















大竹屋旅館