ブルク シャトーエック(ドイツ)


 ハイデルベルクからネッカー河沿いに古城街道を南下していくと、まず目に入ってくるのが、ネッカーシュタインナッハの背後の山中の中腹に連なる4つの城塞群である。いづれも12世紀以降築かれた古い城である。時代の進展に従って、ミッテンブルク(中城)、フォルダーブルク(前城)、ヒンターブルク(後城)、シャトーエック(燕の巣城)と建設されたが、今ではみな廃墟に近くなっている。昔、ネッカー河には海賊がいて、近隣を荒らし回っていたという。しかし、戦の時に駆り出されて、手柄を立てて城をもらえることになった。そこで築かれたのがこの城であるという。


























大竹屋旅館