シェーンブルン宮殿(オーストリア) Schloss Schonbrunn

 シェーンブルン宮殿は、オーストリア皇帝の夏の離宮として築造された。パリのベルサイユ宮殿にも似た(規模は小さいが)広大な庭園を持つ豪華な宮殿である。宮殿は17世紀頃から順次建築、改築を繰り返してきたが、1696年、フィッシャーの設計により、ほぼ現在の建物が完成した。そして、その後も様々な増築がなされている。

 ここはあくまでも離宮であり、王宮ではなかったが、さまざまな歴史的な出来事の舞台となっている。なかでももっとも有名なのは、1814年のウィーン会議である。ナポレオンによってずたずたに分断された各国の国境を定めるために各国の首脳を招いて開催した会議であったが、それぞれの国の思惑が交錯し、社交界でさまざまな駆け引きが催されたものの、実際には会議らしい会議は開かれずに終わってしまった。ウィーン会議に材を取った映画としては1930年の「会議は踊る」がよく知られている。主人公がテーマソングの「ただ一度だけ」を歌いながら馬車で宮殿に向かうシーンはとても印象的だった。馬車が進んでいく場面をずーっとワンカットで追っていくのである。

 さて、入場するにはまずチケットを買い、指定された時間を待って中に入るのだが、この時間がちょっと半端なのである。ちなみに我々に指定された時間は9時57分であった。内部の様子は、これまたすばらしいの一言につきるのだが、写真撮影禁止のため、残念ながらここで紹介することはできない。個人的には、日本の陶器をたくさん並べた部屋や、壁画かと思いきや巨大なゴブラン織りの絵を壁全体に掛けた部屋などが印象的であった。各部屋には、一族の肖像画がたくさん並んでいるのだが、こんなに肖像画がたくさんある部屋というのは居心地が悪くなかったものだろうか。夜になって暗くなると不気味な感じがすると思うのだが・・・・。

 

 

 宮殿を抜け、中庭に出て見たところである。正面に噴水、上にグロリエッテと呼ばれる建物(現在はレストランになっている)がある。途中障害物が何もないので、すぐ近くに見えるのだが、歩いてみるとけっこう遠い。
 庭園の脇には、動物園や植物園、ローマの遺跡などがある。

  

 

 

 

 

 

  

 

 中庭の方から宮殿の建物を見たところ。

 オーストリア王族として有名な人としては、マリアテレジアがいる。彼女の末娘が、後にフランス国王ルイ16世妃となったマリーアントワネットである。彼女も、この宮殿に住んでいた頃は、この庭園を散歩していたことだろう。

 シェーンブルン宮殿には地下鉄U4で行けばよい。「Schonburunn」駅で降りてすぐである。

























大竹屋旅館