ヒルシュホルン(ドイツ)   Hirchhorn

 ヒルシュホルンは古城街道沿いにある古城で、ハイデルベルクの南にある。この辺りは風光明媚なところで「ペルネデス ネッカーターレス」(ネッカー渓谷の真珠)と呼ばれている。丘の上の古城ブルク ヒルシュホルンは、16世紀にこの地の貴族であったフォン・ヒルシュホルン家によって築かれたものである。城は写真の通り丘の上にあるが、断崖には堅固な城壁が築かれている。また川岸には城壁が巡らされ、町全体を囲む構造になっている。
 城は現在は、シャトーホテルとして用いられている。






































大竹屋旅館