シュロス ホルンエック(ドイツ)


 シュロスホルンエックは古城街道沿いのグンデルスハイムという町の中にある。ネッカー川に臨む低い台地上である。
城塞を表す「ブルク」と違い、「シュロス」は王侯貴族の城館といった意味である。古城は維持するのが難しく、シャトーホテルやレストランになったり、州に払い下げられ役所として用いられているが、この城はちょっと変わった施設になっている。現在は老人ホームとして使用されているのである。
 城の創建は13世紀と言われるが、1420年ドイツ騎士団によって大改修されて、現在の規模になった。その後、1525年になって、農民運動が起こると、城は攻撃されて炎上した。その後建物は再建され、修道院として使われたこともあったという。

























大竹屋旅館