ディンケルスビュール(ドイツ)  dinkelsbuhl

 

 ディンケルスビュールは、ロマンチック街道沿いにある町である。中世の町並みを保存していることで有名なローテンブルクと円形城郭都市で有名なネルトリンゲンとの中間点くらいにある。周囲を城壁によって囲まれた都市である。城壁内の広さはローテンブルクの半分ほどしかないが、こぎれいにまとまった町である。城壁の高さも5〜6mほどでそれほど高いものではないが、周囲の20カ所ほどに円形の塔が立ち、城外を見下ろしている。正門は南側にあるが、駐車場のある東側から入ると、途中に河を利用した二重の堀がある。写真は内堀から城内側を見たところである。ここから100mほど進み、北に曲がって300mほどいくと、大聖堂のあるマルクト広場に出る。日本人の観光客が結構多いのか、土産物屋の店員が「もみじチョコ、おいしいよ」などと話しかけてくる。
 ディンケルスビュールは、10世紀頃、フランク王国の1王宮の周囲の町を城壁で囲み始めたことに発祥するという。 

























大竹屋旅館