シュロス ベルベデーレ(オーストリア) Schloss Belvedere 

 18世紀、トルコ軍を降した「暗黙の皇帝」サヴォイ公オイゲンが夏の離宮として作ったのがこの宮殿である。宮殿は大きく2つの部分に分かれ、上の写真の上宮と下の写真の下宮とがある。どちらも現在は美術館として使用されている。

 場所は市電のDに乗り、「SchlissBelvedere」の停車場で降りればよい。今回2泊したホテル(ベルビュー・・・・中世からの建物を利用した古風なホテルだ)が市電のD沿いにあった関係で、この路線はよく乗った。この宮殿はこの路線の南端近くにあるのだが、ちなみにDの北端まで行くと、ベートーベンの家や、彼が瞑想しながらよく散歩したというベートーベンの小道などがある。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 また、この下宮の脇にある市電71番を南下していくと30分ほどで中央霊園に着く。ここにはベートーベンやシューベルト、ブラームス、ヨハンシュトラウスなど、音楽家たちの墓がたくさんある。映画「第3の男」でラストの名場面に使われた並木道もこの霊園内だ。

 「第3の男」といえば、映画中に出てきた大観覧車も健在である。地下鉄のU1に乗り、「Praterm」駅で降りたところにあるプラーター遊園地内の観覧車がそれである。しかし私が訪れた時は工事中で、残念ながら乗ってみることはできなかった。

























大竹屋旅館