茨城県鉾田市(旧旭村)

 

下太田館(旭村下太田)



造谷館(旭村造谷)

*造谷館は、城址のあった台地先端部が見事に削り取られてしまっているために、城の旧状をしることはもはやできない。そこで「重要遺跡報告書」の図面を基にしてラフにしてみたが、実際にこのようであったのかどうかは分からない。


 基本的には単郭円形の居館だったようで、西側の虎口には内枡形らしいものが付属していたようである。
















 造谷館は、県道115号線の東側で、小橋会館と呼ばれる公開堂施設の東南100mのところにあった。大谷川に面する比高10mほどの台地であるが、この台地は現在、ほとんど削られてしまっている。写真の通りである。周

 辺部に何か残っているかと思い、北側から東側にかけて少し歩いてみた。この辺りは比高5mほどの城塁状に見えるのだが、これが遺構といえるのかどうか。自然地形に近い感じである。もっとも中世前期の居館であったらこの程度のものであるのかもしれない。

 城主等も未詳。












天神山館(旭村下太田天神山) 

 天神山館も同じく土豪層の居館であったと思われる。やはり鹿島臨海鉄道涸沼駅の、西南600mの所である。

 涸沼駅前から県道を西に200m進み、大谷川を渡ったところで左折する。そのまま500mほど進んだ西側の比高20mほどの台地上にあったという。ただし、この台地はだいぶ削られているので、遺構の一部は失われていると思われる。
 しかし、航空写真を見てみると、東側に台地が突き出した部分に方形の区画があるのが見て取れる。これが館跡なのであろうか。

 比高15mほどの台地上は、宅地や畑地となっている。台地の脇には土の高まりがあるが、これは畑地を整地する際に削り残した跡のように見える。また、台地上に1、5mほどの土手の高まりがあるが、遺構かどうかははっきりしない。

 城主等も未詳だが、やはり土豪層の居館であろう。

































大竹屋旅館